トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


定期借地権をまとめて覚える



定期借地権 のまとめ表
借地権存続期間利用目的契約方法借地関係の終了契約終了時の建物
一般定期借地権(法22条)50年以上用途制限なし公正証書等の書面で行う。
①契約の更新をしない
②存続期間の延長をしない
③建物の買取請求をしない
期間満了による原則として借地人は建物を取り壊して土地を返還する
事業用定期借地権(法23条)10年以上50年未満
事業用建物所有に限る(居住用は不可)
公正証書による設定契約をする。
①契約の更新をしない
②存続期間の延長をしない
③建物の買取請求をしない
期間満了による原則として借地人は建物を取り壊して土地を返還する
建物譲渡特約付借地権(法24条)30年以上用途制限なし30年以上経過した時点で建物を相当の対価で地主に譲渡することを特約する。建物譲渡による①建物は地主が買取る
②建物は収去せず土地を返還する
普通借地権30年以上用途制限なし制約なし①法定更新される。①建物買取請求権がある。
 

独学での土地家屋調査士試験必須アイテム↓↓↓

サイト内検索

カスタム検索

カテゴリ

-

最新記事

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
453位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
73位
アクセスランキングを見る>>

応援お願いします

最新トラックバック

カウンター

RSSリンクの表示

QRコード

QR

GoogleAnaly

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。