トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

裁判上の離婚の語呂合わせ


不悪3年精神重大(ふあくさんねんせいしんじゅうだい)」
意味のある言葉ではありませんが、語呂合わせで知っているとスッと離婚できる場合を思い出せます。


(裁判上の離婚 770条)
     1  配偶者貞な行為があったとき。
    2 配偶者から意で遺棄されたとき。
3年    3 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
精神    4 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
重大    5 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

ついでに離縁の場合も覚えればいいと思います。

(裁判上の離縁 814条)
一  他の一方から意で遺棄されたとき。
二  他の一方の生死が三年以上明らかでないとき。
三  その他縁組を継続し難い重大な事由があるとき。


このエントリーのタグ: 離婚 配偶者 婚姻 離縁 語呂合わせ

独学での土地家屋調査士試験必須アイテム↓↓↓

サイト内検索

カスタム検索

カテゴリ

-

最新記事

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
957位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
167位
アクセスランキングを見る>>

応援お願いします

最新トラックバック

カウンター

RSSリンクの表示

QRコード

QR

GoogleAnaly

.