トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


行政書士試験の勉強のために育休退園の執行停止認める決定について考えてみた


参考リンク: 読売新聞
<育休退園の執行停止認める決定…さいたま地裁>

 行政手続法では第13条で不利益処分をしようとする場合の手続き
を定めており一定の場合には聴聞を行わなければならない。これを
行わなかったことが違法なのだろうか。また、執行停止については行
政事件訴訟法第25条に規定されている。

 つまり保育園退園させられる処分を受けた園児の母親が、
処分取り消しを求めて提訴し、判決が確定するまでの執行停止
申し立てた。それに対してさいたま地裁は、所沢市退園処分を
決めた際、行政手続法に定められた手順で女性の意見を聞かな
かった違法その他の事情を理由として執行停止の決定を下したと
いうところだろうか?

にわか仕込みの法知識ではこれが精一杯。
法はむずいな~。

 少子高齢化に歯止めをかけるためにも子育て環境を整える必要がある昨今
それに逆行するような所沢市の対応には腹が立っていたから「さいたま地裁
グッジョブ!」と言いたいわ。


(参考リンク)
行政手続法 第十三条 (不利益処分をしようとする場合の手続)

行政事件訴訟法 第二十五条 (執行停止)

独学での土地家屋調査士試験必須アイテム↓↓↓

サイト内検索

カスタム検索

カテゴリ

-

最新記事

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
173位
アクセスランキングを見る>>

応援お願いします

最新トラックバック

カウンター

RSSリンクの表示

QRコード

QR

GoogleAnaly

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。